銀行のカードローンの特徴

銀行のカードローンは金利が低いと言われていますが、意外と知られていないデメリットもあります。金利が低いからと即決するのではなく、銀行のカードローンの注意点についても確認しておきましょう。

 

銀行のカードローンの金利が低いというのは本当です。金利比較をすると、消費者金融よりも最低金利が低い所もありますが、適用金利で考えると催告金利に着目するのが正解です。銀行のカードローンの多くは、最高金利14%台で、消費者金融の18.0%と比べると3~4%程度低い金利で借りられます。

 

また、銀行のカードローンも融資が早いという意見もありますが、予期せぬ理由で融資に時間がかかる場合があります。土日や祝日だった、銀行の営業時間である15時を回ってしまった、来店不要と会ったのは申込みまでで契約には来店が必要だった、などの理由で、想定よりも融資が遅かったというケースがあります。

 

審査時間が長引く場合があるなど、消費者金融でも思ったよりも時間がかかる場合がありますが、銀行ほどではありません。

 

また、銀行のカードローンの返済額は、消費者金融よりも低めに設定されている場合があります。返済の負担は少ないですが、金利が高い消費者金融よりも高い利息が取られるケースも多いです。銀行のカードローンを利用するなら、金利にこだわるだけでなく、返済総額まで管理して返済できる人に向いています。

 

金利と返済額のバランスがよく保たれている銀行で借りれば安心ができるので、低金利で低負担となり審査も融資も早い三井住友銀行カードローン契約を進めておくと、初めてカードローンを利用する方でも問題なく借りられるようにもなります。