カードローンをどこで申込むか

カードローンは繰返し利用可能なローンです。カードを使ってATMで借入れを行えるようになります。急な出費の時に1枚あると、何かと便利です。

 

現在はカードローンも消費者金融だけでなく、銀行を利用する人が増えています。また、クレジットカードにもキャシング枠はあり、信販会社のキャッシングを利用する人もいます。

 

これからお金を借りようとしている人にとって、どこで借りるのが正解というのはありません。何故ならそれぞれにメリットとデメリットがあるので、全ての人にとっての正解というのがないからです。

 

そして、カードローンを選ぶ時には金利を気にする人も多いですが、条件次第では金利がそれ程重要ではないという部分もあります。

 

どこで借りるか

 

金利で比較すると

金利が重要ではないという話の直後ですが、金利について3者を比較すると、

 

銀行<信販会社<消費者金融

 

の順で金利が高くなります。

 

金利が低い所を探したいなら銀行のカードローンが優秀です。逆に消費者金融は金利が高めに設定されています。

 

金利について補足をしておくと、金利には最低金利と最高金利があります。例えば金利3.0%~18.0%の消費者金融と、金利7.0%~14.5%の銀行で、どちらのカードローンの金利が低いかというと、悩むかもしれません。

 

この2択の場合では、銀行のカードローンの方が低金利で借りられる可能性が高いです。100万円を超えるような多額の借入でなければ、金利は最高金利が適用される人がほとんどです。いくら最低金利が低くても、自分に適用されなければあまり意味がありません。

 

金利についていえば、銀行のカードローンで10~18%、信販会社で14~18%、消費者金融で18%程度が目安となります。銀行のカードローンでは14%台が多いですが、低金利や高金利な所もあるので注意が必要です。

 

上限だけを見ると金利が高くなるオリックス銀行カードローン年利は最大で17.8%となり、ぱっと見ただけでは消費者金融との違いがないように感じます。しかし、オリックス銀行カードローンは限度額によって金利が定められているので、大きな金額を借りる契約が可能であれば金利は下がります。

 

銀行は基本的には低金利とはなりますが、低金利での借入れのためにはオリックス銀行カードローンのように何らかの条件を要する場合もあるため、しっかりと貸付条件の確認を行うようにしましょう。

 

融資までのスピードで比較すると

銀行のカードローンの金利が低いのであれば銀行一択と考えがちですが、融資までのスピードが気になるという人は多いです。カードローンは様々な出費に対応できるので、緊急時に申込みする人が多いという特徴があります。それだけに融資までのスピードは重要です。融資までのスピードについて比較すると、

 

消費者金融>銀行>信販会社

 

となります。

 

特に消費者金融の対応がとても早く、逆に信販会社はとても遅いです。銀行のカードローンもそこそこ早い対応なのですが、緊急という話であれば消費者金融一択になるでしょう。

 

消費者金融の場合、審査時間が短いだけでなく融資窓口が豊富で、夜遅くの契約でもその場で借入れが可能です。銀行の場合には土日や14時過ぎになると、営業時間の絡みで融資窓口が限られてきます。

 

信販会社についてはやり取りもスムーズにいかないケースも多く、2週間から1カ月程度かかる場合もあります。急ぎでお金が必要という時には信販会社は避けた方がいいかもしれません。

 

金利とスピードではなく利用目的で判断

3者を比較して見ると、金利が低いのは銀行、対応が早いのが消費者金融となります。信販会社はどちらにも中途半端ですが、こちらにも需要があります。

 

カードローンを選ぶ時には、まず自分にとって何が重要なのかを知るという点が重要です。例えば金利が低い方がお得なのはもちろんですが、少額の借入であれば金利による利息の差はほとんどありません。

 

また、カードがかさばるのが嫌なのであれば、自分が持っている銀行のキャッシュカードやクレジットカードを利用するのが一番です。

 

急ぎでお金が必要であれば、間に合わない可能性がある所で申込むべきではありません。

 

3社それぞれにメリット、デメリットはありますが、多額の融資で長期的に利用するなら銀行のカードローン、クレジットのポイントやカードの見た目などを重視するなら信販会社、素早い対応なら消費者金融が適しています。

 

急な出費でとにかく急ぎであればプロミス水戸市での借入れが便利で助かります。消費者金融だからこその早さで土日の最短即日融資も可能としており、すぐに借りたいときでも希望内容に近い借入れが利用できる可能性があります。

 

ただ、プロミスは初回の借入れ時はどうしても上限金利付近での契約となる場合が多いので、余計に借りるようなことはせず、必要最低限の利用に留めて返済に余裕を持たせておくと良いでしょう。